生物科学」カテゴリーアーカイブ

骨髄で作られる血液細胞たち

 本日のまとめの結論から申し上げれば、全ての血液細胞は骨の中で造られることを知っていただきたいことです。。そして今回のまとめのもう一つの目的は、血液細胞のメンバーたちの名前をご紹介する事です。名前の紹介だけで個々の血液細胞の詳しい説明までは触れません。あまりにも複雑で、一度にまとめきれる内容ではないからです。今後、各血液細胞ごとに特徴や役割を順次まとめていく予定です。

骨の構造
続きを読む

炎症と活性酸素

 これまでは、ミトコンドリアと活性酸素の関係をお話してきたが、今回から、炎症時に産生される活性酸素のお話を始めさせてください。

 まず、炎症時に発生する活性酸素をお話しする前に、炎症時に産生する活性酸素は単なる『悪』ではないことを申し上げておきたい。炎症時の活性酸素は、外部からの侵入してきた自分に害を及ぼす異物、例えば細菌を殺菌する、つまり自己防衛手段としての役割を持っています。さらに近年、活性酸素が体内で情報を伝搬する働きをしていることも解明され始めており、体内にとって必要な物質でもあるのです。慢性炎症などで活性酸素の産生が続くと、身体に不具合が生じてくるのです。

暑局所では活性酸素が発生する。
続きを読む

運動とミトコンドリアと活性酸素

 炎症の話をすると言い続けながら、本日もミトコンドリアが続きます。今日は、運動とミトコンドリアから発生する活性酸素に関してお話させてください。

運動時にはエネルギーを消費します。そのためにミトコンドリアは通常以上に働いています。

 運動には筋肉を動かすためのエネルギーが必要です。そのエネルギー源がミトコンドリアでした。よって、運動選手にとってはミトコンドリアの機能を促進し、効率的にATPを筋肉へ供給することが、成果を残すための重要な要素になってきます。

続きを読む

根治の方法が確立していない難病『ミトコンドリア病』

 お話ししてきた通り、ミトコンドリアは生命現象維持のために必要なエネルギーを作り出してくれる器官です。この生命維持に欠かせないミトコンドリアが原因で発症する疾患に『ミトコンドリア病(指定難病21)』という病気があります。

エネルギー生産工場のミトコンドリアの機能低下が疾患の原因になる
続きを読む

エネルギー工場のミトコンドリアから活性酸素が出るのだ!

昨日の話しの続きになりますが、ミトコンドリアはブドウ糖などの燃料を酸素と一緒に燃やして、エネルギーを作り出す工場であるお話をしました。ミトコンドリアは生産効率が優れた工場ですが、 エネルギーを取り出す最終段階である、電子伝達系でATPにれなかったロスエネルギーが出てしまうというところでお話が終わりました。エネルギーのロスは産生したエネルギーの1%程度と言われています。最新型のガソリン機関のエネルギーロスは40%程度あるそうですので、ミトコンドリアのエネルギー変換効率の良さが改めてわかることでしょう。

続きを読む

ミトコンドリアのお話を始めしょう

 前回も書きましたが、生物が生命活動にはエネルギーが必要でした。つまり、電気に例えれば、電気を貯蔵するバッテリーに相当する『ATP』を合成する必要がありました。生物は、ATPに蓄えたエネルギーを使って生命活動を営んでいおり、ATPは生物にとってのエネルギー貯蔵庫であり、通貨でした。

ATPはエネルギーの貯蔵庫であり通貨でもある
続きを読む

太古の生物は酸素を使わずエネルギーを作った

 呼吸には二種類あります。肺から酸素を取り込む『肺呼吸』と細胞でエネルギーを作り出すために行われる『細胞内呼吸』です。ほとんどの方がイメージするのは肺呼吸だと思いますが、ここでは、声明維持のためのエネルギーを作り出す、細胞内呼吸のお話をします。

肺呼吸
続きを読む